情報

乳腺炎の予防対策にはたんぽぽコーヒーがおススメ

投稿日:

授乳中のママがかかりやすい病気に乳腺炎があります。
乳腺炎とは、乳腺に母乳が溜まり、詰まってしまう、あるいは細菌が入ったために乳腺が炎症を起こしてしまう症状です。
しこりができたり、痛みを感じる、さらには頭痛、寒気などを引き起こしてしまうこともあります。
乳腺炎にかかる原因としては、ストレスや疲れであったり、高カロリーな食生活を続けるなどで、母乳がドロドロになって詰まりやすくなることが考えられます。
ストレスなく、母子ともに元気な育児をするためには、しっかりとした乳腺炎の予防対策をすることが大切です。
そこで乳腺炎の予防対策としておススメなのが、たんぽぽコーヒーです。
たんぽぽコーヒーとは、たんぽぽの根を乾燥し、焙煎したもので、コーヒーと同じようにして飲みます。
たんぽぽコーヒーには、血液中の脂肪やコレステロール(中性脂肪)を減らす効果があり、血液がサラサラになります。
母乳は血液から作られるので、血液がサラサラになると母乳もサラサラになり、乳腺のつまりを予防する効果があります。
たんぽぽコーヒーは、乳腺炎の予防対策に良いだけではありません。
たんぽぽに含まれる、「タラキサシン」という成分は、母乳の分泌を促進します。
さらに、血液に必要な鉄分やカリウムが含まれているので、質の良い母乳を作ることができます。
たんぽぽコーヒーは、コーヒー豆は使っていないので、ノンカフェインで、授乳中のママも安心して飲むことができます。
このようにうれしい効果のあるたんぽぽコーヒーですが、その他にも、冷え症、便秘、むくみなどの予防対策、改善にも効果を発揮します。
いずれも女性に多い症状なので、授乳中に関わらず、普段の生活の中で積極的に取り入れていきたいですね。

tophe

たんぽぽコーヒートップページへ

たんぽぽコーヒーについて最初から読んでみたい方、もう少し詳しく知りたい方はトップページから詳細を確認してみて下さい。オススメのたんぽぽコーヒーも紹介しております。

Sponsored link

Sponsored link

-情報

Copyright© 助産師さん推奨!毎日飲むだけで完全母乳へ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.