情報

脚がむくんだら病気のサインかもしれないと疑おう

投稿日:

人間の体の中では、脚がもっともむくみやすい部位であるといわれています。
その原因には、血流が悪くなりやすいことが挙げられます。もちろん、立ち仕事などを長く続けていると、脚がむくんでくることが多いです。デスクワークでずっと座った姿勢をしている場合も同様です。
一時的なむくみなら簡単なむくみ対策をすることで解消することもできます。
しかし、脚のむくみが実は病気のサインとなっていることもありますから注意が必要です。
まず、慢性的な脚のむくみに悩まされているなら、肝臓や腎臓の病気になっているサインかもしれません。
その際、チェックしたいのがアルブミンという成分です。アルブミンは、もともと肝臓によって作られています。
血液の中に含まれているタンパク質の一種です。
脚のむくみが酷いなら、肝臓や腎臓が悪い状態になっていることも考えられますから、すぐにアルブミン検査を受けるようにしましょう。
また、脚がむくむなら、心臓に悪い変化が起こっている場合もあります。
立ち仕事をした後に脚がむくんでも、その後すぐによくなっていくならあまり心配はありません。
でも、もし長くその症状が続く場合は要注意です。
もしかすると、心不全を引き起こすかもしれない疑いがあります。
さらに、下肢静脈瘤などの病気が原因していることもあります。
ですから、脚にこぶのような血管ができていたら、注意するようにしましょう。
一般的に、むくみやすい脚はつったりしやすいという症状もあります。
適度に運動をしたり、なるべく階段を使ってエレベーターに乗るのを避けたりすることでも、簡単にむくみを予防することができます。
脚の先を意識的に動かして運動するようにすると、血流をよくすることにもつながります。

tophe

たんぽぽコーヒートップページへ

たんぽぽコーヒーについて最初から読んでみたい方、もう少し詳しく知りたい方はトップページから詳細を確認してみて下さい。オススメのたんぽぽコーヒーも紹介しております。

Sponsored link

Sponsored link

-情報

Copyright© 助産師さん推奨!毎日飲むだけで完全母乳へ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.