情報

母乳育児をするならノンカフェインのたんぽぽコーヒーを利用しよう

投稿日:

育児をする際にカフェインの入ったコーヒーを飲みすぎるのはあまり良くないと言われています。
特に、カフェインは母乳に影響を与え、そのせいで赤ちゃんが興奮気味になったり、眠れなくなったりする可能性もあるとされています。
また、赤ちゃんはカフェインを一日では消化しきれないのも問題となっています。
そのため、大人にとっては影響のない摂取量であっても、赤ちゃんにとっては刺激が強すぎることがあるので、注意が必要なのです。
しかし、どうしても飲んでしまう人や、コーヒーが好きな人、息抜きで飲みたいという人も多いでしょう。
そういった人は、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーを利用するのが良いと言われています。
たんぽぽコーヒーは、ノンカフェインなので母乳育児をしたいお母さんにとっては、とても便利なものです。
また、このたんぽぽコーヒーには母乳の出を良くしたり、乳質を改善するといった効果もあるので、母乳育児にはうってつけなのです。
これは、たんぽぽの根の部分にある苦み成分が良いとされており、この働きによって代謝を良くしてくれたり、血液を浄化してくれる効能があるとされています。
母乳は血液を原料としているので、この浄化作用によって母乳の質が改善されるというわけです。
ほかにも、たんぽぽコーヒーには、肝臓や胃の機能を改善してくれたり、利尿作用などがあるので、むくみにも効果があります。
さらに、冷え性や便秘にも良く、非常に身体に良い点が多いというのも特徴です。
このように、たんぽぽコーヒーはノンカフェインというメリットだけではなく、様々な特長を持っています。
特に母乳育児をしているお母さんにとっては、健康かつ安全に飲めるコーヒーだと言えるでしょう。

tophe

たんぽぽコーヒートップページへ

たんぽぽコーヒーについて最初から読んでみたい方、もう少し詳しく知りたい方はトップページから詳細を確認してみて下さい。オススメのたんぽぽコーヒーも紹介しております。

Sponsored link

Sponsored link

-情報

Copyright© 助産師さん推奨!毎日飲むだけで完全母乳へ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.